賃貸アドバンスの 管理の重要性は

賃貸管理の必要性

入居者募集が終わり、お部屋の稼働が始まると同時に必要になるのが、『入居者』・『建物』・『家賃』の管理です。

賃貸経営を安定的に運営していく為には、効果的な管理が大きなポイントとなります。
管理の状況次第では、賃貸経営に大きな差が生じてきます。

賃貸経営は、株式投資やFXなど異なり長期的な運用が基本です。
『税金対策』・『家賃収入で安定した収入が欲しい』・『資産を残したい』
など、賃貸経営を始める動機は様々だと思いますが、共通しているのは家賃収入を通じて豊かな生活をおくりたいという事ではないでしょうか?

毎月安定した賃貸経営をするには、しっかりとした管理は欠かせません。
空室が出たら、すぐに修繕を行いお部屋を綺麗にする。そして次の入居者を募集して満室にする。
万一、入居者よりクレームが入れば、オーナー様に変わり対応し、家賃滞納があれば、素早く対応する。
満室にする為、様々なご提案・交渉をさせて頂きます。

賃貸の収益は、お部屋が稼動する事によって生じるものです。
その為にも上手な管理を考える必要があります。

せっかく入居しても、管理会社の対応や管理そのものの状況が悪く、安心して住めないという理由ですぐに退去してしまう事もあります。

入居者が安心して住める環境を作り、末永く住んで頂けるような居住環境を築く事が、稼働率の向上につながります。
入居者が安心できる管理は、賃貸経営にとって安心できる重要な要因かもしれません。
その為にも、プロの目線の賃貸管理が必要になります。

※昭和の時代、学生の住む所と言えば、下宿が主流でした。
同じ屋根の下、オーナーさんと暮らし食事を出してもらう事も多くあったそうです。
初めての一人暮らしの学生さんにとっては安心できる空間でした。

今でこそ、裕福な時代となり、様々なお部屋を選択できるようになりました。
個性的なお部屋を求める方・セキュリティーを求める方・家賃金額を重視される方など
そのニーズは多様化しております。
そのような変化の中でも、安心して住める環境を求めるという条件は今も生きています。
その分、管理会社の業務は多岐にわたります。

入居者からの家賃集金・各種クレーム対応・敷金精算・入居者の斡旋・ 滞納家賃の督促・時には賃貸物件周辺の住民とのトラブル交渉など、いいかげんな管理会社を選択してしまいますと、収益やコストの面で長期的にみると大きく違ってきます。
担当者がコロコロ変わる・担当者がいないまたは折り返しの連絡がない、さらに空室でもあったらなど、信頼の置けない賃貸管理会社では、それこそオーナー様のストレスになってしまうのではないでしょうか?
賃貸経営の成功は、信頼できる管理会社の選択が重要不可欠です。

賃貸アドバンスは、オーナー様との信頼関係を大切にしております。
オーナー様と共に『WIN・WINの関係』を築けるように努力して参ります。

賃貸経営を通じて、オーナー様とともに歩んでいければ幸いです。

株式会社 賃貸アドバンス 代表取締役 山崎裕之

株式会社賃貸アドバンスのご案内

千葉県柏市旭町1-1-1 K&Kビル5F
賃貸アドバンスへの交通・地図はこちら
賃貸アドバンスへの交通・地図はこちら

株式会社賃貸アドバンスについて

ご挨拶 会社概要
リフォーム実績
感想を頂きました!オーナー様の声
関連業者リンク(建設業者など)
賃貸アドバンスへのお問合わせ
キャンペーン中
このページの先頭へ